FC2ブログ

4回同じイベントに参加して


1週間も過ぎてしまいましたが、多治見の手作りマーケット、盛況に終了しました 
ヽ(^。^)ノ
今回のイベントで、1年に1回、4回目の多治見でした。
そして、なんと 
一番売れたのがお財布でした。
これ、すごくうれしいです。
リピーターのお客様もたくさん来ていただけました。
やっぱり、地道に連続して参加することは大切ですね。
やる気も出て、またがんばります。

しかし、なぜ、1週間もブログが放置してあったかと言うと

妹から、古い着物をたくさんもらってきたのです。
その着物を、容赦なく、解体し、おしゃれ着洗いの洗剤で洗濯機にかけ
干して、アイロンをかけて
とやっていたら、5日間があっという間に過ぎてしましました。

15212833430.jpeg

なんかね、いい着物があったと思うんだけど、わたしは知識がないので、
布として使うためには、解体、洗いが必須ですもの。
それでも、日本の知恵をひしひしと感じながら、ほどきました。
絹地に絹糸で手縫いです。
引っ張ると、古い絹糸がポチポチと切れて、布は破れません。
どこかに、ひっかけても、糸だけ切れてすむわけですね。

実は、あまりにたくさんあるので、乱暴にひぱって解体もしたのですが
ちゃんと縫い糸を引きながらほどいていると
引けないんですよね。
絹糸と絹地は、糸がちょっと切れても、摩擦が大きくて、糸がするっと抜けることがないんですね。
すごいです。

そして、着物と言うのは、最初から、仕立て直すことを前提にできているのだと、よーくわかりました。
もしや、これは高級生地の大島? と思う着物も、バリバリと解体したのですが
その中の1点は、明らかに現在の着物になる前に、生地を裏から補修してありました。
細い細い、絹糸で縫い目が押さえてあるのも、全て手縫いです。
丁寧な手仕事の素晴らしさを感じながら
・・・容赦なく解体・・・

洗濯機に放り込み、中性洗剤(さすがに絹地に石けんは使いませんでした)を入れて、クリーニングモードでスイッチオン。
洗濯終了後、洗濯機の周りに異臭が・・・・
なにかと思えば、多分防虫剤、ナフタリンです。
生地にしみこんでいた防虫剤が、水に溶けだして、気化したんだと思います。
乾ききっていないものをアイロンかけたら、家中が、すごいことになりました。

布団袋に一杯もらってきました。
全体的に保存状態が良く、あまり捨てたものはありません。
帯は芯を外してやっぱり洗いました。
そうして、このひと山となりました。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト